読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしごとクエスト1

f:id:prism5011:20161005182710j:plain

みなさん、こんばんは!

今月から、週に1回お仕事に役立つ情報をお伝えする

「はこぶねっと。版 お仕事クエスト」

を、キャリアアドバイザー「五十嵐 蓮(いがらし れん)」がお伝えします!

クエストをクリアしていくと、お仕事探しのコツを学べるだけでなく、社会人として身につけておきたい一般常識も学べますので、お仕事をしている方も是非ご覧ください!

 

<クエスト1>「有効求人倍率」と「新規求人倍率」を学ぶ。

 

平成28年8月の全国の有効求人倍率は1.37倍で、前月と同じ水準。

平成28年8月の全国の新規求人倍率は2.02倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。

 

さて、これは、どう見るべき指標ですか?

 

有効求人倍率 1.37倍

ざっくり言うと、「有効な求人(過去3か月)」が「137件」来ていて、「今月求職者」が「100人」いる

新規求人倍率 2.02倍

ざっくり言うと、「今月新たに求人」が「202件」来ていて、「今月新たな求職者」が「100人」来た

ということです。

 

どちらにしろ、1倍を超えると、仕事を探している人より企業側の欲しい人の方が多いということですね。

ということは、現在は、企業は人をとても欲しがっているということです。

 

さて、求職者は仕事を選び放題なのでしょうか。

違います。

「有効求人倍率」と「新規求人倍率」はハローワークのデータのみで、国内の就職状況をすべて表しているわけではないし、職種も考慮されていません。

また、企業側も求人がなかなか来ないからと言って、応募が来たら即採用としているわけではないのです。

その時期の数字に踊らされることなく、どのような仕事が自分に向いているのか、どの仕事を選んだらよいのか、自分自身をしっかり把握する事が大事です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。クエスト1クリアですね!来週はどのように自分の仕事を見つけるとよいかを具体的に学びましょう。