読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしごとクエスト3

f:id:prism5011:20161013191513p:plain

みなさん、こんばんは!

キャリアアドバイザー「五十嵐 蓮(いがらし れん)」です!

最近は、朝晩は過ごしやすくなって来ました。地域によっては肌寒いところもありますでしょうか。みなさん、体調管理には十分お気を付けください!

さて、今週もクエストクリア目指して頑張りましょう!!

 

<クエスト3>「キャリアの棚卸し」のやり方。

 

呪文「キャリアの棚卸し」を唱えた!

しかし、何も起こらなかった。

 

ゲームの世界ではいつの間にか覚えられる呪文ですが、実社会では何を唱えるかではなく、どのように唱えるかが重要です。では、キャリアの棚卸しのやり方について学びましょう。

 

先回、「キャリア」とは必ずしも「仕事のこと」とは限らないとお話ししました。そこで、自身のキャリアの棚卸しには、まずは自身の過去の経験や出来事をすべて洗い出すとよいです。紙やノートに書き出してみましょう。

 

やり方は、小学校・中学校・高校・大学・社会人それぞれの時期に何に興味・関心があったのかを書き出す方法です。各時代の書き出しのきっかけは、

・できごと

<例:入学・卒業・就職・退職・転居・交際・旅行 など>

・影響を受けたこと・人・本

<例:家族・友人・先生・上司・部下・交際相手・アルバイトの先輩 など>

 

がよいです。影響を受けた「人」を思い出すと芋づる式に記憶が蘇ってきやすいです。

この時、古い記憶から順番に思い出すのではなく、最近の事からさかのぼって書き出すのがポイントです。古い時代の記憶はあいまいになっていることが多く、思い出すのに時間がかかってしまいます。

また、人によっては自分にとって印象的だった経験から思い出す方が楽な場合があります。そんな時は大きめの付箋を使ってキーワードに関連付けて追記していきましょう。

最後に時系列(時代が古い順)に左から右に並べれば完成です!

これは、自分を見つめなおすのに有効な方法です。転職やキャリアアップに役立ちます!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。クエスト3クリアです!来週はさらに自分のことを知る方法を学びましょう。