読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしごとクエスト6

f:id:prism5011:20161013191513p:plain

みなさん、こんばんは!

キャリアアドバイザー「五十嵐 蓮(いがらし れん)」です!

さて、今週はこのクエストです!!

 

<クエスト6「年収」と「所得」はどう違うか。

 

年収(単に収入)と所得はどう違うか説明できますか?

「私の年収は500万円」と言う人はいると思いますが、

「私の所得は500万円」という表現はあまりしないと思います。

しかし、社会人になると、どこかで「所得」という表現を聞いたことがあると思います。さて、何が違うのでしょうか?

 

簡単に言うと、所得は、年収からそれを得るために払った必要経費を差し引いた金額です。

必要経費とは、簡単にいうと、物を売り上げたり、サービスを提供するのに必要な間接的な費用です。

サラリーマンでいうと、営業するために買ったスーツや交通費などがあると思います。

この必要経費は、その人が、どの経費がかかったかをいちいち計算するのではなく、年収によって計算式があり、所得が計算されます。その後、所得税の計算に使われていきます。計算等は、税理士の方が詳しいと思いますので割愛します。

つまり、所得とは、所得税を計算するために使うものだと考えればよいです。だから、日頃私たちは「所得」という言葉を使わないのですね。年収を考えれば、自分の給料の総額がわかるということですね。

 

しかし、社会人の方ならお分かりと思いますが、年収まるまるもらえるわけではないですね!

もう一つ、「手取り」という言葉もあると思います。説明できますか?

これは、「給与明細」があるとわかりやすいので、次回までに、どこかの月の給与明細を探しておいてください!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。クエスト6クリアです!日頃、給与明細はどこにしまってありますか?まさか捨てるとか…。捨てると損なことがあるかもですよ!そのあたりはまた後日。では、また来週もお楽しみに!