読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしごとクエスト8

f:id:prism5011:20161013191513p:plain

みなさん、こんばんは!

キャリアアドバイザー「五十嵐 蓮(いがらし れん)」です!

さて、今週はこのクエストです!!

 

<クエスト8「給与明細」を把握するpart2

 

先回は給与明細についてお話ししました。

現在の年収を把握するため、昇進などを踏まえた今後の年収を把握するため、そして、転職を考える際の年収の把握のため、基礎知識は必要ですのでしっかり覚えましょう!

さて、そろそろ給与明細は見つかりましたか?見つかったなら今後は、金庫にでもしっかりしまっておきましょう!それほど大事なものだと少しずつ実感してくると思います。

 

今回は、支給額のうち「時間外手当」について勉強しましょう。

 

■時間外手当

いわゆる「残業代」ですが、実は、「時間外労働」「休日労働」「深夜労働」に分けられます。分けて表示してある給与明細もあると思います。分けてある方が給与を受ける側としてはわかりやすいですね。

「時間外手当」の計算の基礎(根拠)は「通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額」です。

さっぱりわかりませんね。

時給の方はその金額そのもので、

月給の方は月給からその月働いた時間で割り時給を算出して計算します(月給以外の方も含めて本来はもう少し複雑です)。

しかも!この「月給」には、「家族手当」「通勤手当」「住宅手当」が含まれないことが多いです!

会社を転職して、思ったより残業代が少ないと思った方はこのためかもしれません。

そして、時間外手当の計算は、

「時間外労働」…換算された時給×25%(以上)×残業時間18時間を超えた時間)

休日労働」… 換算された時給×35%(以上)×休日に労働した時間

「深夜勤務」…換算された時給×25%(以上)×深夜時間(22時~翌5時)

 となります。自身の給与明細でチェックしてみるとよいでしょう。

大きく違う場合やなぜそうなるか分からない場合は、経理担当者に尋ねてみるといいですね。

支給額と控除額はチェックポイントがたくさんありますので、次回一緒に考えていきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。クエスト8クリアです!

社会人になって知る言葉は、学校で学ばないことがたくさんあります。特に法律に関しては身近な割に学ぶことがほとんどありませんね。こういった場をうまく活用してください!

では、また来週もお楽しみに!

 

<関連記事>

岐阜県発、地元の楽しいをいっぱい集めた「じもと便」
http://jimotobin.hatenablog.jp/

□イケメン☆コーチ!人間関係を円滑にしたいなら
http://rickmy.hatenablog.com/